読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人から子供まで大人気のゲーム

大人から子供まで、大人気の定番ゲームソフトと言えば、「マリオブラザーズ」シリーズです。初代のファミリーコンピューターから始まりスーパーファミコン、最近ではwiiなど、ゲーム本体が新しくなるに合わせてソフトの内容もさらに充実していき、より楽しめるようになってきました。親子ではまっているというご家族の方も多いのではないでしょうか?一家に一つはありそうなゲームソフトです。
軽快なアクションでステージをクリアしていく一見シンプルなアクションゲームのようにみえますが、ステージの中に隠しステージなどの謎を盛り込み、大人も夢中にさせる要素が詰め込まれています。初代ファミリーコンピューター版のマリオゲームはとても難易度が高く、どうやっても最後までクリアできなかった思い出があります。
また、親しみやすいキャラクター達もゲームソフトの人気の1つ。マリオは世界中で知られている大人気のキャラクターであるといえます。
このマリオシリーズですが、カーレースゲームやパズルゲーム、さらにはRPGなど、アクションだけでなく様々なジャンルのソフトも発売され、より親しまれるようになりました。アクションゲームが苦手でカーレースの「マリオカート」の方が好き!という方もいらっしゃると思います。私はパズルゲームが好きなので、カプセルの薬でウィルスをやっつけていくという「ドクターマリオ」が一番好きです。
また、メインのマリオでなく他のキャラクター達がスピンオフしたゲームもあり、この「マリオブラザーズ」シリーズは多種多様に楽しめるのです。

スーパーファミコン 大貝獣物語

私が中学生の頃に、祖母の遺品から見つけたスーパーファミコンゲームソフトのお話です。
スーパーファミコン本体もあったのでやってみることにしました。とりあえずRPGかな?ゲームソフトのパッケージイラストはゆるカワな感じだったので、ほのぼのRPGかな?と思っていました。
始めてすぐに分かったのですが、、、初っ端から結構重い内容です!敵のアジトのシーンは何とも闇が深そうな敵キャラが登場します。
物語を進めていくと、敵は人間の心の弱い部分や悪の感情に漬け込み罠を仕掛けてきます。仲間が騙されて敵になってしまうシーンも。
バルテスのシーンなんかは過去のエピソードから設定があって、感情移入しちゃいますね~。素直でまっすぐなキャラであればあるほど騙されて、、、鬱要素が少しありますね。
キャラはそれぞれ個性的で戦闘時も、攻撃に強いキャラ、必殺技を持つキャラ、回復に強いキャラがいて、必殺技を持つキャラの防御の弱さを回復キャラにカバーさせるなど工夫してパーティを組むことが出来ます。
ハイエンカウントゲームソフトとして有名なこの大貝獣物語。回復要員だけでは心許ないときには持ち物にカミダノミンなどの回復系アイテムを持っておくと安心ですね。
やってみると分かるのですが、運ゲー要素もあります。運が良ければ敵がしばらく出ないで居てくれますが、運が悪ければ1歩歩いただけで敵が出てきます、、、笑
私はレベル上げには最適なゲームソフトだと思って、ハイエンカウントを楽しみました。